--/--/--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

2015/10/11
稽古場日誌【客席編】…中村彩乃(役者) あやふや

今日は、最近は秋も深まり、少しずつ冬服なんかも着だすような季節になってまいりました。

さて、稽古場日誌です。
ところで私は文章力が非常に乏しいです。起きたことを文章に表現する力が弱く、いつも四苦八苦しながら文章にするのですが(その作業は大切ですので精々苦しめ自分よ、と思います)。
此度の稽古で起きたことを文章にまとめるのがなかなか難しいです。
明確に言えることは、私は稽古場で転げ回っていたこと、見てくださってたお三方が非常に楽しそうに笑ってらっしゃったこと、七井さんが泰然自若と場を過ごしてらっしゃったことです。
明確に言えないことは、
・役者の、役者である前の個の状態(体調や心持ちや気分)の作用の働き
・準備しないための準備をする
・固定しないところ(柔軟に動くところ)と、自分の中から生まれたものを辿って働きかける、この二つの境
・「良い役者」や「良い人」の表現にみられる「良い」の可能性
・脚本から摘出できる事実(その脚本の世界の中の事実?)を辿ることが必要であること。その辿る最中で自由に動くこと

等です。
一日置けば考えもまとまるとおもったのですが、どうも釈然とせず、まとめることが出来ませんので、この足場の固まらない状態を一回許してやろう(諦めでなく)と思いました。

余談ですが、稽古場にいらっしゃった大石さんは、言葉にするのがとても丁寧で上手く、凄いと思いました。















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。