2015/09/15
稽古場日誌【客席編】…七井悠(役者) 慣れてしまっていること

少し遅くなりましたが、9月10日の稽古場日記を。

この日の稽古も前回と同じように、お互いに台詞あわせをするところから入っていきました。
何回か通したり、返したりしているうちに、自分(七井)の反応や台詞の発語の仕方がちょっとずつ大仰な
ものになっていることに気がつきました(正確には稽古後久野さんと話して、より自覚したのですが)。
台詞はつっかえずに出てくるのに、中村さんの言葉と演技にかみ合っていないと言うか。

この現象は何なのでしょう。

おそらく、前回の「缶の階 客席編」での演技を、体が覚えていてその反応をなぞってしまっているのでは
ないか、と考えています。相手が発してくる台詞は同じでも、ニュアンスや体の状態、そもそも台詞を言っている
当人が違う人なのですから、前回と同じになるはずがないのです。
その辺までの微妙な差異を、きちんと汲み取ってゆくことが必要だと気づきました。

前とは違うものを・・・ と考えていたつもりでも、どうしても自分に残っているものを使ってしまうようです。

何を手がかりに変化や新鮮さを作ってゆくのか・・・。

とりあえず、台本が外国語が書かれている と言うような気持ちで読んでいこうと思っています。 



→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第1弾】イストワール第8話『Port- 見えない町の話をしよう -』脚本・演出:久野那美
神戸開港150周年記念「港都KOBE芸術祭」 連携事業@神戸アートビレッジセンター ギャラリー
2017年9月17日(日) ・9月18日(月祝)
【第2弾】『パノラマビールの夜』2018年1月















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top