2015/08/31
稽古場日誌【客席編】…大谷菜々(演出助手)

2015083002.jpg

今回演出助手を致します、大谷菜々です。
本日は桃山台にて客席編の稽古でした。

今日は七井さんがお休みだったので前半は中村さんと観客が客席に着くまでの過程の稽古をしていました。最初は先日のように土星になったりギャルになったりしながら稽古していたのですが、そのうち人はただ椅子に座れと言われたらどんな行動をするかについて考え始め、すこし実験をしましたが…詰めが甘く失敗に終わりました。またの機会に……
後半は制作助手の吉本さんの参加により、ダイアログの稽古をしました。これもまた先日のように何かになりきったりしていたのですが、お題が人で無くなっていくにつれてその物自体の役割、形、その物に自分がどのように接しているかなど様々な視点から物を見る学校の授業のようなものになっていきました。
また、人でない物が相手だと役者さんも相手のことをしっかり観察するようになるねという話になり、久野さんと役者さんは一歩前進する何かを掴んだようです。
何かになりきるためにお題をくださいと突然言われ、私はとっさに〝靴下〟と答えましたが役者さん2人は色々な視点から見事に対応してくれました。2人とも最初は何をするにも体の形がL字になっていて、なんとなく靴下を頭に思い浮かべているんだろうなというのが伝わってきました。頭に思い浮かべた何かの形というのも演技に影響してくるのかもしれないと思いついつい見入ってしまいました。今日はそれぞれ何かを掴んで持ち帰れた稽古になったのではと思います。次の稽古が楽しみです。



→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第1弾】イストワール第8話『Port- 見えない町の話をしよう -』脚本・演出:久野那美
神戸開港150周年記念「港都KOBE芸術祭」 連携事業@神戸アートビレッジセンター ギャラリー
2017年9月17日(日) ・9月18日(月祝)
【第2弾】『パノラマビールの夜』2018年1月















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top