2017/11/04
サイコパスvs極道の女vs天文学研究会

お疲れ様です。
物騒なタイトルをつけがちな中村です。

先日は稽古稽古、山登り、稽古でした。
自分が芝居をしてるのか、芝居をしてないのか、というか今自分が何なのかもうよくわからなくなるほど、兎に角稽古をしてました。

タイトルですが、これは久野さんの「本番ではしないけど、やってみよう」のコーナーで行われた稽古です。

旅人→七井さん→サイコパス
女→大西さん→極道の女
天文学研究会→チェサンさん、藤谷、練間さん、中村

上記の通りそれ然として、後半のシーンをやってみました。

一言で言うと、まじ気の狂ったパーティーになりました。

それによりわかったのは、「何か強い軸(サイコパスの存在とか)があると、回りの人間は関係性が作りやすく自分の立ち位置が明確にわかる」ということでした。

関係性がわかると、自分の、台詞の出所や立ち方が輪郭を持ってわかりやすくなります。

ただこれをサイコパスや極道の女無しに作らなければなりません。

自分の中だけでなく、その回りとの兼ね合わせで、どこまで可能性を広げていけるのか。

あと三ヶ月。もう三ヶ月。まだ三ヶ月。



→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第2弾】『パノラマビールの夜』脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター ロビー1roomギャラリー
2018年1月25日(木)-1月28日(日)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top