2017/09/10
Port- 渡辺裕子の話をしよう -(作品と出演者のご紹介)



yuko.jpg


0・あなたはどなたですか?

渡辺裕子です。今まではミュージカルを中心にやってきた人間でした。

1・神戸の思い出があったら教えてください。なければ、神戸はどんなイメージですか?

神戸へは行ったことがないのですが、とにかくオシャレだなというイメージはあります。
思い出というか、記憶にあるのは、大震災の時にテレビで見たガレキの街が強く残ってます。
当時私は関東に住んでいたので、朝起きてテレビで知った瞬間は本当に身体が固まりました。

2・その神戸に『Port』はあなたの感覚として近いですか、遠いですか?

近いところもあれば、、遠いところもあれば、、です。

3・なんでそう思いますか?


言葉で表すにはちょっと難しいですが…
4つのオムニバスの中で「オシャレ」というより「お洒落」だなぁと思ったお話があったり、ガレキの街が見えるお話もあったり、そういうところは近いと思います。

4・今回はリーディング公演ですが、リーディング公演についてあなたがもつ印象はどのようなものですか?

椅子に座って、本を開いて、優しく読む。
たまにこっちを見る。

5・『Port』はその印象とくらべてどうですか?

座るし、本も開くし、優しく読むところもあるけど、たまにこっちは見ないです。
天地創造を見ます。
オリオン座を見ます。
ガレキの街を見ます。

6・『Port』の見所を伝えてください。

人の話というよりも、海と山が見続けてきた神戸の港と街の話を、時間を遡っていくというカタチで役者が本を読んで、見て、いるところ。(言葉にするのが苦手でして…意味不明でしたらすみません)
パノラマビールの夜に繋がるお話ですので、そこも含めて見て頂けたらと思います。


→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第2弾】『パノラマビールの夜』脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター ロビー1roomギャラリー
2018年1月25日(木)-1月28日(日)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top