2017/09/10
Port- プリン松の話をしよう - (作品と出演者のご紹介)


prin.jpg




0・あなたはどなたですか?
プリン松と申します。劇団におりましたが、今年の春からフリーで活動しています。役者をしたり演出助手をしたり、制作したりしています。
1・神戸の思い出があったら教えてください。なければ、神戸はどんなイメージですか?小さい頃に親に良く連れて行って貰った記憶があります。とにかく綺麗で、ちょっとおしゃれして行かなきゃ、と子供ながらに思っていた気がします。

2・その神戸に『Port』はあなたの感覚として近いですか、遠いですか?遠い、ような気がします。

3・なんでそう思いますか?
華やかななんだか上品な格式高いイメージがあったのですが、Portのお話には、親近感があり、色んな神戸が見えるような気がします。
4・今回はリーディング公演ですが、リーディング公演についてあなたがもつ印象はどのようなものですか?
目の前の人を見るのでなく、想像を掻き立てられる、ひたすら、聞くもの
5・『Port』はその印象とくらべてどうですか?当初想像していたものと全然違います…笑
本を読むのを聞くのではなく、本のような何かを読むわたしたちの姿を、見て欲しいです
6・『Port』の見所を伝えてください。
神戸の港、町、うみとやまを巡る物語ですが、特にこの場所、この誰かという固有名詞は出てきません。
何でもない言葉たちが、その人たちにとってとんでもないことを語らせる久野さんの本を通して、誰かわからない人、どこかわからない場所に想いを寄せてもらえたらいいなあと思います。
そして見終わったあとに、ゆっくりと町を、人を感じながら帰ってもらえたらいいなあと思います。


→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第2弾】『パノラマビールの夜』脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター ロビー1roomギャラリー
2018年1月25日(木)-1月28日(日)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top