2017/08/20
匣の階 稽古日記8/20(吉村篤生)

前日につづき、吉村です。

匣の階の稽古が始まり、ひと月ほどが経ちまして、
共通言語のようなものも増えてきました。

「ここを宇宙ステーションにしない」等。
(絶対的な何かを信じないようにする、の意。と自分なりに理解しています。)

稽古が始まってから1ヶ月。とても長いような短いような、不思議な時間の経過を味わっています。

8/20は、
『パノラマビールの夜』と『Port』3、4話を。
特に、会場となるKAVC(神戸アートビレッジセンター)を意識して稽古しました。
リーディング公演『Port』のほうは、やはり本との関わり方が話題にのぼります。

人は話しているうちに変わるけれど、本に書かれていることは変わらない。
とても印象に残っています。

さて、前日分の日記に、誕生日をお祝いしてもらったと書きました。
その帰り、自転車のカギを落としました。
後輪を持ち上げながら帰路に就きました。
ケーキ分のカロリーを使いました。
世の中というのは、うまいことできているなぁと思いました。
がんばります。



→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第2弾】『パノラマビールの夜』脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター ロビー1roomギャラリー
2018年1月25日(木)-1月28日(日)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top