2017/08/19
匣の階 稽古日記8/19(吉村篤生)

演出助手の吉村です。

匣の階、8月の稽古がはじまりました。
厳密には、8月に入ってから個別稽古があったのですが、自分は不参加で。個人的に8月最初の稽古でありました。

8/19は、
前半は『Port』1話。そして、後半は『パノラマビールの夜』の稽古でした。

途中、
ここに、いない人の話に。
今回の稽古には参加できなかった出演者の方の話 (決して悪口ではありません!) であるとか。
亡くなられた方の武勇伝のような話であるとか。

語られている方々のことは、正直(まだ)よくは知らなかったのですが、なぜが聞いていて、とても面白かったです。
じっくりと聞いていたい、というよりかは、ふと耳に入ってくるのが気持ちいい。そういった感じでした。すみません…語彙力が…
その方の人柄がそうさせているのか。その人やモノが、ここに、(い)ないからなのか。

ここに、いる人が楽しそうに、ここに、(い)ない人やモノの話を聞いている。そんな時間でした。

『Port』そして『パノラマビールの夜』、どちらにも、これに似た感触(と勝手に感じているのですが、、)の場面があります。

今この時間と、そして作品とで、何が同じで、何が違うのか。
少し立ち止まって考えたいなあとも思いながら、コトバにするのに時間がかかって、稽古に置いていかれそうだったので、あとの楽しみに取っておくことにしました。

その稽古はというと、
個別稽古を挟んだためか、がらっと前回と雰囲気の違った部分もあって。
こちらも、どうなるか楽しみです。

そして私事ながら、
誕生日を、サプライズでお祝いしてもらいました。突然のことに驚きすぎて、あまり驚けませんでした。
本当に、ありがとうございます。

そんなケーキは、匣に入っていました。
おいしかったです。



→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第2弾】『パノラマビールの夜』脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター ロビー1roomギャラリー
2018年1月25日(木)-1月28日(日)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top