2017/08/06
【稽古日記】9月公演「Port」立ち上がれ勇者(プリン松)

こんにちは。
関西でふらふらと活動しておりますプリン松と申します。

9月公演「Port」では出演
1月公演「パノラマビールの夜」では演出助手を務めます。
何卒宜しくお願い致します

所属していました劇団が解散し、さてどうしようかな、と思った瞬間ものすごいタイミングで久野さんと出会いました、正しくは再会しました。
初めて2人で話す時にいきなり飲みにいき5、6時間話し続けるというところから参加決定、スタートしました。
久野さんとの出会いうんぬん書いてたらそれだけで文字数とんでもないことになりますので、稽古日記を、書きます!


はい。稽古です。
リーディング公演ということで、別に、全く、なめてた訳ではないのですが……………

嘘だろ!!!!!????

てくらい尋常ではない汗をかきます。
特に私が主な作品は、七井さんとの男女2人作品なのですが。
この作品の稽古は、私がものすごおおくしごかれますので、通称、プリンタイムと言います。

この作品の稽古に入るやいなや
相手役の七井さんは
美声を撒き散らしながら奇想天外に咆哮するモンスターへと変貌し
演出の久野さんは
つまらなければ、面白くすればいいじゃない、と少女の微笑みをされながら面白いものしか召し上がらない女王が君臨し
(笑って頂けると最高に嬉しい)

この2大モンスター(失礼)と戦うには…
形とか見た目から入るエンタメのゴリゴリさを払拭し、内から湧き上がってくる素直な魂で精製された剣をもって戦わないといけないのです…!

何を言ってるのかわからないと思いますが、要は、稽古が楽しくて楽しくて新鮮で、とにかく汗をかくと、いうことです。
幸せです。

果たして私は真の勇者たる器になり、良き作品への階段を登ることが出来るのか……


乞うご期待。
以上、発売されたドラクエがやりたくてたまらないプリンでした!

20287156_10155478119541668_8002960573762526506_o.jpg

-----------------------------------

イストワール第8話『Port- 見えない町の話をしよう -』※リーディング公演
神戸開港150周年記念「港都KOBE芸術祭」 連携事業

脚本・演出:久野那美 / 音響:合田加代 /演出助手:藤谷以優・吉村篤生(劇の虫) / 制作:若旦那家康
出演:大西智子(あなざーわーくす)・七井悠(劇団飛び道具)・中村彩乃(安住の地/劇団飛び道具)・三田村啓示(空の驛舎)・プリン松・渡辺裕子

■開演日時
2017年9月17日(日) 20:00
2017年9月18日(月祝) 13:00
2017年9月18日(月祝) 16:00
2017年9月18日(月祝) 19:00
※各回、開演時間の20分前よりご入場いただけます。
※上演時間は約45分を予定しています。

■会場 神戸アートビレッジセンター ギャラリー

■入場料
 一般(前売・予約・当日):¥1,300 / 大学・専門学校生(前売・予約・当日):¥1,000 / 高校生(前売・予約・当日):\500  

※当日券の発行は空席ありの時のみ。小さな会場ですので、できるだけ事前のご予約をお願いたします。
※各回、開演時間の20分前に受付開始・開場致します。全席自由席です。前売→ご予約→当日のお客様それぞれ先着順にご入場いただきます。
※「劇の始まる前の時間」をこっそり覗き見るチャンスです。ぜひお早めにご来場ください。
※遠方からのご来場、車椅子でのご来場など、観劇に際するご相談やご要望は備考欄にお書きいただくか下記までお電話ください。全力でご対応致します!

■お申込み方法
◇ご予約:匣の階予約フォーム または、
メール:hakonokai2018@gmail.com か お電話:050-5240-3066(匣の階制作部)まで
「お名前・連絡先メールアドレス(電話番号)・チケットの種類・ご来場日時・メッセージを希望する出演者/スタッフの名前」をお知らせください。
◇前売券購入:チケットぴあ

主催:大阪ガス株式会社
共催 神戸アートビレッジセンター
協力 港都KOBE芸術祭実行委員会
企画・制作:匣の階



→Fの階公演詳細&チケット
→Fの階稽古日記

Fの階公演
脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター kavcシアター及び地下フロア
2019年3月22日(金)-3月25日(月)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top