2017/07/25
1月公演「パノラマビールの夜」7/25(七井悠:俳優)

匣の階、稽古が始まりました。
稽古、楽しいです。

久野さんの演出・作品の稽古始めは、稽古場にいる俳優がナニモノなのか? を探る作業
から始まると感じます。
今回の匣の階は、登場人物が今まで参加した作品よりも多いので、登場人物の関係性
の数ほど演技の幅が広がるというか、必要とされます(と思っています)。

自分がやりなれた手段は、手垢がついている と感じつつも、やはり毎回そこから始めないと
世界に触れて行ったり時間を進めてゆくことはできません。
ただ、その作業(稽古)のすったもんだの中で、どれだけ変化し続けられるかが、大切なのだなと
久野さんの稽古場では感じます。

変化って、簡単に「いい言葉」みたいに言えますが、本当に何なんでしょう。
稽古をして人脳みその中身が変わるわけではありませんし、体が爬虫類になるわけでもありません。

他人にもなれません。

「無いもの」への想像力とか想いかな、と最近思います。

DFfFC-mVwAEusTW.jpg




→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第2弾】『パノラマビールの夜』脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター ロビー1roomギャラリー
2018年1月25日(木)-1月28日(日)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top