2016/12/29
四苦八苦の軌跡 (中村彩乃:俳優)

今晩は。中村です。皆様元気ですか?
私も元気に仕事してます。
仕事なんてくそくらえ!
汚い言葉を使ってしまい、失礼致しました。
お仕事なんて、おくそお召し上がりになられてください。
余計下品になりました。すみません。

さて、稽古でした。
先日は年内でも大分ラスト間際の稽古でした。
今回は、俳優の出力は何に左右されるかを考えました。

今回はブログの文章を書くにあたって、何かまとめようと考えたのですが、丸二日考えても何も纏まりませんでしたので、取り敢えず私が何に四苦八苦したのかの軌跡を残す、という斬新な手法のブログになります。ご了承ください。

以下、四苦八苦した内容です。

・舞台上で俳優が寄りかかれる部分は、何か。
・俳優の人間性と芝居は関係あるが、どこまでをそれと良しとするか。
・どこまで自分は「こう芝居をする」といった意識を持ち続けるのか。どこで妥協(相手に譲る…?)するのか。
・芝居をする(ある種、嘘をつくとはどういうことか)

以上のラインナップです。
考えた方が良いとは思いつつ、煮詰まり過ぎると面白くないと思います。

どこまでを頭で考えて、何処までを感覚に委ねるか。
まとまらねー!
もう少し時間ください…!


中村


→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第2弾】『パノラマビールの夜』脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター ロビー1roomギャラリー
2018年1月25日(木)-1月28日(日)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top