2016/12/14
稽古場おもち日記 藤谷以優(俳優)


おもちを作りたい。公開している台本を読んでくださった方にはわかると思いますが、とある七井さんの長ゼリフを聞くたびそう思うのです。
これだけでは説明不足ですね…。
中盤の七井さんのセリフで才能について話すシーンがあるのですが、わたし、このシーンがとても好きなのです。長いセリフなのにちゃんと聞けるし、ちゃんと考えられて響く。
なんでなのかずっと考えてて、うまく説明ができなかったんですけど、今日、作者の久野さんがしっくりさせてくれたのです。
[お餅を操ってるように言っているのでは?]的な見解。
つまりこの長ゼリフの間、七井さんは音を立てたり伸ばしたり減らしたり止めたりと、言葉をおもちのようにもちもち(またはこねこね)させていたのです。
伝わってますか?
わたしはとてもしっくりきて、ああああってなったのです。
よくわからない、お餅ってなんだよって思われた貴方。もしくはあぁ、それね、わかるよと一歩先行く貴方。
京都芸術センターの素敵な講堂でお待ちしております。

2016121604523510a.jpeg

素敵でしょう?


→匣の階公演詳細&チケット
→匣の階稽古日記

匣の階公演
【第2弾】『パノラマビールの夜』脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター ロビー1roomギャラリー
2018年1月25日(木)-1月28日(日)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top