2016/11/11
空間に居ること(中村彩乃:俳優)

こんにちは、前髪を無くしました中村です。いつだって別れは唐突に来るものです。

さて稽古でした。
先日のお部屋はとても反響がよく、故に(多分故に)何だかフワッとした台詞の読み方になってしまいました。

部屋というのも芝居の大事な要素で、ここの把握が狂ってくると、噛み合っていない何かようわからんものになってしまいます。
部屋の大きさ然り、音の聞こえかたしこり、何だったら部屋の色すら影響してくるかもしれません。

そういう些細な影響が芝居のちょっとしたことに反映する。芝居は積み木みたいな物ですから、1個違う積みかたをしたら後々が変わってくる。

部屋(空間)を知ることも一種技術ではないのかしらんと思いました。


→Fの階公演詳細&チケット
→Fの階稽古日記

Fの階公演
脚本・演出:久野那美
@神戸アートビレッジセンター kavcシアター及び地下フロア
2019年3月22日(金)-3月25日(月)
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top