FC2ブログ

2020/03/16
劇中映画紹介(Fの階『なにごともなかったかのように再び始まるまで』)


1

Fの階『なにごともなかったかのように再び始まるまで』
は、オリオン座という映画館の10周年記念映画まつりを舞台にした演劇作品です。
2019年3月に、神戸アートビレジセンターの地下シアターである、
KAVCシアターにて上演されました。

オールナイト6本上映の映画祭の途中で映画が止まってしまい、
シアターガイストという謎の現象のせいで観客が皆眠り込んでしまう。
なぜか目を覚ましている5人と映画館のスタッフ2名が映画が止まった理由を
推理するうちに、彼らの事情が浮かび上がってくる…?

という感じの物語です。

劇中の映画まつりの上映ラインナップには
「主人公が見ることのできなかった風景が映画の中にある」
という共通テーマがあります。
劇中で上映されるのはほんの一部ですが、
舞台にご来場されたお客様には、劇中の映画まつりを映画登場人物と一緒に楽しんで頂くために、
劇中の映画祭りのパンフレットを配布いたしました。

DVDの発売にあたって、劇中の映画まつりのパンフレットを改めてweb掲載します。
6本の映画が紹介されています。
いずれも、どこかで見たことがあるような映画のように見えますが、
『なにごともなかったかのように再び始まるまで』の劇中にしか存在しない、架空の映画です。
登場人物と一緒に、映画を見たような気になって楽しんで頂けますと幸いです。

DVDをこちらで販売しています
https://xxnokai.stores.jp/items/5e523711c78a536e6f4183d9

****


→拡大する
hihyou.jpg







オリオン座10周年
春のWAKUWAKU映画まつりプログラム


18:00 大法螺の鳴る丘
20:15 オープンザドアー

    休憩

23:10 アメイジング・スペース
25:30 Xからの手紙

    休憩

28:00 インターミッションコンプリート完結編
30:00 レフトオーバーフッテージ




→公演情報
2020/03/16(月)
お知らせ コメント:(0)

2020/03/09
『行き止まりの遁走曲』DVD、台本他セール中!<ネットショップ階マートをリニューアルオープン記念>


これまでの階作品の台本、DVDをネットショップにて販売中です。
2020年3月末までセール中。
ぜひ、ご利用ください。
https://xxnokai.stores.jp/




→公演情報
2020/03/09(月)
お知らせ コメント:(0)

2020/02/05
『行き止まりの遁走曲』台本・高知公演DVD通販開始しました



階の通販サイトにて販売しています。
これまでの階の作品もこちらから購入頂けます。

https://xxnokai.stores.jp/

69440266_1361738740643083_8091284246074753024_n.jpg






→公演情報
2020/02/05(水)
お知らせ コメント:(0)

2020/01/26
にせものの船出のうた(劇中歌)

作詞:久野那美 作曲:山崎康弘

https://www.youtube.com/watch?v=lSOAlC_zMzQ&feature=youtu.be



いつか海の向こうの町から船がやってくる。
ここはほんものの港になる。
ここは行き止まりではなくて 海の向こうの
見えない町への玄関になる。
伝説。伝説。
でも今は公園 港の形の公園
僕は毎日、にせものの灯りをともす。


いつ迄、待ってても船は来なかった。
ここは今日でおしまいになる。
ここから海を見ることも、船を待つことも
僕にはもうできない。
伝説。伝説。
全部クロージング。 港も灯台もクロージング
僕はもう、伝説の中にいない


いつの間にか港に穴が開いていた。
誰があけたのかわからない。
ここにあいた穴は毎日少しずつ大きくなって、
飛び越えることができない大きさになった。
伝説。伝説。
そんなはずはない。
にせものの穴かもしれない。
だけど大きくなった穴は
灯台を港から切り離した


いっそここから今から船出をしよう。
船はないから灯台で行こう
だってにせもの港。にせものの灯台。
嘘でもいいから船にだってなれる
伝説。伝説。
全部持っていこう。 ニセモノのまま
僕はここから伝説を届けに行く 

69440266_1361738740643083_8091284246074753024_n.jpg
写真:beni taeko




→公演情報
2020/01/26(日)
お知らせ コメント:(0)

2020/01/03
「行き止まりの遁走曲」 神戸公演出演者変更のお報せ


神戸公演では、「灯台守をしていた男」役荒木晶成から根本コースケ(ベビー・ピー)に変更となります。
(高知公演と同じキャストを楽しみにして下さっていた方大変申し訳ありません)
他にも色々リニューアルされた神戸バージョンを、どうぞお楽しみに!

nemoto.jpg

根本コースケ:灯台守をしていた男(神戸公演)

ベビー・ピー主宰。千葉県出身。京都府在住。

劇団衛星、ニットキャップシアターを経て、2003年ベビー・ピーを旗揚げ。
野外テントなど主に劇場外スペースを活用した舞台作品を毎回上演している。
本公演のほかに、人形劇、ジョジョ劇、ライブイベントなども多数実施。
主な活動歴として、2015年愛知人形劇センター主催のP新人賞受賞、
2016年・2019年瀬戸内国際芸術祭にて作品上演、
2018年越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭にて作品上演。
2017年旅芝居『風あこがれ』でカフェやライブハウスなど全国38箇所のツアー公演、
2019年野外テント芝居『ラプラタ川』で全国19都市のツアー公演を行った。
外部参加作品は、ナントカ世代、中野劇団、マタヒバチ、劇団どくんご、吉田寮大演劇『三文オペラ』など。





→公演情報
2020/01/03(金)
お知らせ コメント:(0)

2019/11/14
蛸の階えんげきワークショップ@KAVC 1/5(日)・1/25(土) 15時~18時 


蛸の階神戸公演『行き止まりの遁走曲』関連企画
蛸の階えんげきワークショップ@KAVC

蛸の階の俳優や演出家と一緒に、2月公演『行き止まりの遁走曲』の台本の一部を使って台詞を読んだり聴いたりして、えんげきを体験してもらうWSです。
初心者大歓迎!

■対象:中学生以上の日本語の読み書きのできる方(※小学生応相談)


■日時
※一回毎の単発開催です。ご都合の良い日程でお申込みください。

2020年
【01】  1/5(日) 15:00-18:00
【02】  1/25(土) 15:00-18:00
■場所:神戸アートビレッジセンターリハーサル室(1/5)・会議室(1/25)
■料金:一般 1,700円・学生 1,200 円 ※2/1-2/2蛸の階神戸公演200円引きクーポン付
■講師・アシスタント:
久野那美(劇作家・演出家・蛸の階代表)・
佐々木峻一(俳優)・七井悠(俳優)・森本聡生(俳優)・湊游(演出家)

■お申込み
→こちらのフォームから

https://docs.google.com/forms/d/1LvuN6utTol_IoznjdarMaLkh9qYg2r_zV9uP-tD_bg4/edit

■使用台本:『行き止まりの遁走曲<フーガ>』
■内容
■主催:蛸の階
■共催:神戸アートビレッジセンター(指定管理者:(公財)神戸市民文化振興財)


→公演情報
2019/11/14(木)
お知らせ コメント:(0)

2019/07/27
蛸の階「台詞を読む/聴く・体験ワークショップ TRANS- ことばの向こうへ」



TRANS-PUBLIC_PROGRAMS_Logo_L_0.jpg

台詞を読む/聴く・体験ワークショップ
TRANS- ことばの向こうへ
主催:蛸の階
共催:trans-
協賛:大阪ガス㈱


昨年Fの階に引き続き、今年も蛸の階 演劇WSを行います。
2019年9月~11月 神戸で行われるアートプロジェクト  
TRANS- のパブリックプログラムとして計10回行われます。

→◆申し込みはこちらから



■担当者
ナビゲーター:久野那美(劇作家・演出家 蛸の階代表)
アシスタント:七井悠・佐々木俊一・森本聡生 他
WS企画制作:蛸の階

■日時 2019 年

 【01】 9/14(土)15:00-17:00
 【02】 9/21(土)15:00-17:00 
 【03】 9/28(土)15:00-17:00
 【04】 9/29(日)15:00-17:00
 【05】10/12(土)15:00-17:00
 【06】10/19(土)15:00-17:00
 【07】10/22(火)15:00-17:00
 【08】11/ 2(土)15:00-17:00
 【09】11/ 9(土)15:00-17:00
 【10】11/10(日)15:00-17:00


■場所 神戸アートビレッジセンター 会議室1
https://www.kavc.or.jp/

■使用台本『port-見えない町の話をしよう-』
https://note.mu/kuno_nami/n/nf222c0b637d4


■料金 一般:1,500 円 学生:1,000 円 ※フリーパス券9000円

■内容 イストワール第8話『Port- 見えない町の話をしよう -』の上演台本を使った演劇ワークショップです。

『Port』は、神戸の地理や歴史を寓話的に描いた 4 話からなるオムニバス作品です。
「地域の物語を創り、 伝え残していく」というイストワール(大阪ガス主催の朗読シリーズ)の第8話として作成され、
2017 年 9 月に、神戸開港 150 周年記念「港都 KOBE 芸術祭」 連携事業の一環として、神戸アートビレッジ センター(ギャラリー)にて上演されました。

TRANS- パブリックプログラム「台詞を読む/聴く・体験ワークショップ TRANS- ことばの向こうへ」 では、
『Port』上演台本を使った計 10 回の演劇ワークショップを計画しています。
単発開催なので、ご 都合に合わせて参加していただけます。

私たちの考える<創作>の楽しさとは、 「(自分の、ものの見方や感じ方が)変化すること」です。
地域の 物語を台詞として読む/聴くことで、
言葉や、自分自身や、自分の暮らす地域(神戸)に対する意識が変わっていくのを体験してほしいと思っています。
年齢、経験、スキルを問わず、好奇心さえあれば誰にでも創作の 豊かさを体験していただける場にしたいと思っています。





→公演情報

2019/05/14
Fの階『なにごともなかったかのように再びはじまるまで』レビュー・劇評



・2019年6月号「えんぶ」シバイのミカタ

・2019年6月号「テアトロ」4月の関西

・お客様のご感想 https://twitter.com/i/moments/1109462514478149637


→公演情報
2019/05/14(火)
お知らせ コメント:(0)

2019/03/02
Fの階の公演を紹介してもらいました!



神戸新聞




spiceさんに久野那美のインタビューを掲載してもらいました。
https://spice.eplus.jp/articles/231375



毎日新聞さんで紹介してもらいました。
D1nmQr3VYAAzqYB.jpg



KOBE C情報 3月号で紹介してもらいました。
http://www.kobe-bunka.jp/c/201903c-02

KOBE C情報

ステージナタリーさんで紹介してもらいました。
https://natalie.mu/stage/news/321018


→公演情報
2019/03/02(土)
お知らせ コメント:(0)

2018/08/21
匣の階公演『パノラマビールの夜』が、関西Best Act再演部門に選ばれました!


2018年1月に神戸アートビレッジセンターにて上演いたしました匣の階『パノラマビールの夜』が、
2018年上半期の関西Best Act再演部門に選ばれました。

再演部門は、よい作品の再演を応援するために今回から新設された賞だそうです。
関西Best Actは、昨年の点の階『・・・』も2位に選んで頂き、その時もたいへん驚きましたが、
今回も素敵な賞に選んでいただいて、ほんとうに嬉しいです。
演劇の好きなお客様が好きな作品について熱い話し合いをしながら決定する賞だとお聞きしています。
私達の作品について、時間を使って議論して下さったことに心から感謝いたします。
これからもお客様の記憶に残る作品を創り続けていきたいと思います。

総評などは後日こちらに掲載されるとのこと。
http://bestact.blog.jp/

「見逃したけど気になる…」というお客様、「もう一回見てみたい」というお客様のために、
DVDを作成いたしました。ただいま、階の通販サイトよりお買い上げくださった方にもれなく次回公演(Fの階)で使える
割引クーポンを進呈しております。
よろしければ、ぜひ、DVDもクーポンも手に入れていただければ幸いです。
ご購入はこちらから→http://kaimart.cart.fc2.com/

ご購入手続きされた方より順次発送していきます。
初回を控えめに作成しておりますが、近日中にお申込みくださった方にはできるだけ、早くお手元にお届けしたいと
思ております。(それ以降は再発注後のご送付になりますので、お早めにお申し込みいただいた方が早くお手元に届くかと思われます。)
ぜひ、ご検討くださいませ。




→公演情報
2018/08/21(火)
お知らせ コメント:(0)

2018/01/20
久野那美のインタビュー記事が、spiceに掲載されました。

「言葉ができる一番すごいことは「嘘をつくこと」だと思っています。​」

久野那美のインタビュー記事が、spiceに掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/167856


→公演情報
2018/01/20(土)
お知らせ コメント:(0)

2018/01/11
点の階・Recycle缶の階公演の動画を観劇三昧にて配信中

過去の階作品は観劇三昧で配信されています。
※観劇三昧は、月額980円で、小劇場演劇動画を見放題の動画配信サービスです。
http://kan-geki.com/feature.html
(2018年1月現在全国248劇団828作品)
どの作品も冒頭3分は無料で視聴できます。

階の動画は3点配信されています。
■Recycle缶の階『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。 今ここにないものの話ばかりしようと思った。』
■点の階『・・・(てんてんてん)』見送る編ー黒い靴の女ver.ー
■点の階『・・・(てんてんてん)』見送られる編ー白い靴下の男ver.ー
http://kan-geki.com/list/detail.php?theatre=166


→公演情報
2018/01/11(木)
お知らせ コメント:(0)

2018/01/02
2017年上半期の関西Best Actの総評が公開されました。点の階『・・・』は、なんと2位にランクイン!

「世界が生まれるとは、こういうことかと分かった」

<観客が選ぶ>というのがポイントのの関西Best Act…
なんと、点の階が2位にランクインしました。
ほんとうにありがたいです。


【作品部門】
1.iaku『粛々と運針』
2.点の階『・・・』
3.イキウメ『天の敵』

【役者部門】
1.伊藤えりこ(iaku『粛々と運針』)
2.佐々木誠(匿名劇壇『レモンキャンディ』)
3.満腹満(THE ROB CARLTON『Lab.』)

記事はこちら↓
http://bestact.blog.jp/archives/23958121.html


→公演情報
2018/01/02(火)
お知らせ コメント:(0)

2016/03/21
第22回OMS戯曲賞の選考経過と選評がweb掲載されました


缶の階、Recycle缶の階の上演作品は受賞していませんが、
渡辺えり氏の選評と九鬼葉子氏の選考経過レポートに最終選考での評価が記載されています。

OMS戯曲賞選考過程と選評


→公演情報
2016/03/21(月)
お知らせ コメント:(0)

2016/01/06
神戸新聞さんの「異才偉才」に取り上げて頂きました

神戸新聞1月5日朝刊

20160106015159c00.jpg




→公演情報
2016/01/06(水)
お知らせ コメント:(0)

2015/08/07
空の階_奨励賞受賞@利賀演劇人コンクール2015 

空の階が利賀演劇人コンクール2015にて、奨励賞をいただきました。
久野那美(『財産没収』)の言語に対する細やかな取り組みに対し

IMG_3550_s.jpg
(撮影:中尾栄治)


利賀演劇人コンクール
http://togaconcour.tumblr.com/

舞台写真はこちら↓

※空の階舞台監督でもある脇田友撮影https://goo.gl/photos/A1eWcVD6ZTJ43HS17


https://goo.gl/photos/k163hTCpwumWjDWr9 ">※中尾栄治氏撮影https://goo.gl/photos/k163hTCpwumWjDWr9




→公演情報
2015/08/07(金)
お知らせ コメント:(0)

| ホーム |
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top