この部分は、topページのみ表示されます。
必要無い場合は、ソースを削除して下さい。

2017/07/21
7/22-9/3 平成29年度公共ホール演劇ネットワーク事業 「みんなの劇場」こどもプログラム 『とおのもののけやしき』三田村啓示)

●平成29年度公共ホール演劇ネットワーク事業
「みんなの劇場」こどもプログラム
『 とおのもののけやしき 』
作・演出/岩崎正裕

【cast】
三田村啓示(空の驛舎)
藤本陽子(DACTparty)
宮川サキ(sunday)

【日時】
7月22日(土)11:00 15:00
7月23日(日)11:00
※受付開始/開演の60分前。開場/開演の30分前。
※上演時間/約70分。
★23日11:00の回は、終演後「バックステージツアー」を開催。○定員:20名(先着順。要予約。大人と子どものペアもしくはグループでご参加ください)〇所要時間:約30分予定。〇予約方法:アイホール窓口もしくはお電話でお申込ください。※公演を観劇される方のみ参加いただけます。

【料金】日時指定・整理番号付自由席
おとな 2,500円
こども(3歳以上中学生以下) 1,000円
おとな&こどもペア 3,000円
(3歳未満のお子様は保護者1名につき1名まで膝上鑑賞無料。)
※ペアチケットはアイホール(窓口・電話予約)のみ取り扱い。
※演出の都合により、開演後の途中入場を制限させていただく場合がございます。
※小さなお子様にはちょっと怖いシーンがあります。

【場所】
アイホール(伊丹市立演劇ホール)
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
TEL:072-782-2000

【チケット】
アイホール(窓口・電話予約) TEL:072-782-2000
オンラインチケットサービスhttp://www.confetti-web.com/detail.php?tid=39183&
※ご予約前に、観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
※セブン-イレブンでのチケット発券となります。(別途、発券手数料が必要です)

【お問い合わせ】
アイホール TEL:072-782-2000 info@aihall.com

【主催協賛等】
主催/公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
企画/伊丹市立演劇ホール
助成/一般社団法人全国モーターボート競走施行者協議会、一般財団法人地域創造、公共ホール演劇ネットワーク事業
H29平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

【web】
http://www.aihall.com/tono_29/

◎地方公演
『とおのもののけやしき』ツアー決定!!
料金等、会場によって異なります。
詳細は各会場のホームページをご覧下さい。
★の公演は「バックステージツアー」がございます。

7月30日(日)
鳥取県立倉吉未来中心<鳥取>
10:30/14:00
詳細→http://cms.sanin.jp/p/zaidan/5/2/9/

8月5日(土)・6日(日)
三重県文化会館<三重>
5日(土)14:00
6日(日)14:00
詳細→http://www.center-mie.or.jp/bunka/event/detail/13978

8月12日(土)
北九州芸術劇場<福岡>
11:00★/15:00
詳細→http://q-geki.jp/events/2017/toono/

8月19日(土)・20日(日)
長崎市チトセピアホール<長崎>
19日(土)14:00
20日(日)11:00★
詳細→http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/191001/p029845.html

8月26日(土)・27日(日)
いわき芸術文化交流館アリオス<福島>
26日(土)14:00★
27日(日)11:00★
詳細→http://iwaki-alios.jp/cd/app/?C=event&H=default&D=02020

9月2日(土)・3日(日)
松山市民活動センター<埼玉>
2日(土)11:00/15:00★
3日(日)14:00
詳細→http://www.pac.or.jp/event.html

2017/02/06
"登場人物の"オフショット写真

舞台の上にいない時、登場人物は何をしているのか……??


0131-06701.jpg

0131-06717.jpg

0131-06766.jpg

0131-06758.jpg

0131-06667.jpg

0131-06809.jpg





2017/01/28
戯曲の上演権料無料キャンペーン(高校演劇・学生劇団の皆様へ)

階の劇作家久野那美の戯曲を以下に公開しています。

※上演を希望される方はこちらまでご連絡ください


※上演権料無料キャンペーン・・・2017年度中に上演申込みのあった高校演劇の団体さん・学生劇団さんにつきましては、戯曲の上演権料をいただきません。いずれも1時間以内の作品ですので、お気に召しましたらぜひ上演してください。



王国……長い物語

小さい物語……短い物語

短編集1~兎の日~……兎の日・タツの日・珈琲・時計1999・銀杏・海まつり・兎の休日

短編集2~ゆうびん~……ゆうびん・手紙・アンコール・さよなら・靴2000・焚き火

短編集3~鳩~……鳩A・電話・洗濯機・かくれんぼ・月食・水族館・鳩B

短編集4~Tree~……機械・スイッチ・時計2001・ロケット・わすれもの・Tree

短編集5~ガソリン~……おしまいの星・天使が通る・あの時の恋・ラジオ・約束・靴2002ガソリン


『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。 今ここにないものの話ばかりしようと思った。』 【舞台編】45分・男2【客席編】45分・男1女1


『それは、満月の夜のことでした』『猫ひも』女1(各30分)

『海に送った灯』男2女3(60分)

『ここはどこかの窓のそと』男1女2(60分)

『パノラマビールの夜』男3女2(60分)

『たとえば零れたミルクのように』男1女1(60分)
2017/01/28(土)
お知らせ コメント:(0)

2017/01/11
出演者紹介《三田村啓示》

≪白い靴下の男…三田村啓示(空の驛舎)≫

fc2blog_20161220111804694.jpg

【主な出演作品(2015-2016)】

≪2016≫
伊丹想流私塾第20期生公演『何かのマチガイ』
現代演劇レトロスペクティヴ〈特別企画〉AI・HALL+生田萬『夜の子供2』
ピンク地底人『わたしのヒーロー』
木村悠介演出作品『サミュエル・ベケット わたしじゃない』

≪2015≫
伏兵コード『我が行路』
努力クラブ『彼女じゃない人に起こしてもらう』
モンゴルズシアターカンパニー『闘争⚡判断』
「みんなの劇場」こどもプログラム『とおのものけやしき』
劇団太陽族『劇論~どこから来てどこへ行くのか』


三田村啓二が演じる役、「白い靴下の男」は、突然部屋に現れる。
他の多くの人と同じように、一冊の本を、小説家の男に返すために。

「すいません。ずいぶん長い間お借りしてしまって。家の者が今日先生にお返しするために持ってきたと思うんですけど…」
「今日の式も本の中のと同じでしたね。棺に百合の花を入れてました。」

(劇中台詞より)

IMG_1376.jpg

今回、階の公演では珍しく20代の俳優が多い中、三田村は七井と並ぶベテランの立ち位置である。
20代女性である中村彩乃と30代男性である三田村のダブルキャスト。それぞれの出演回で、どんな異なる景色が見えてくるか。

“三田村さんは以前から舞台で拝見して気になっていたので、今回思い切って出演をお願いしました。所属劇団の公演を翌月に控えていることもあり、劇団さんのご協力を得ての参加となりました。
はじめて舞台で拝見した時はまだ30歳くらいで「魅力的な若手俳優さんがいるなあ」と思って居たのですが、ここ数年であっという間に風格を増し、関西小劇場を代表する俳優になっておられました。”(久野)

IMG_1442.jpg

“力で押さないのに遠くまで通るソフトで厚みのある声と、役柄によってどんな風にも見える不思議な風貌が魅力の俳優さんです。論理的に考えて粘り強く問題を解決しようとする人でもありますが、ご一緒して思ったのは、意外と感覚的な方だということでした。言葉以前のレベルで、やりたいこととやりたくないことがはっきりしている感じが印象的でした。今回、とてもつかみどころのない役に挑戦してもらっています。

演技とは人格を表現するものであるという考え方もあると思うのですが、今回三田村さんの役割は、人格とは違う部分で全体の空気の流れを左右するキーになるポジションです。俳優は舞台の上でそういう役割も担うのだということを私は今回の作品で三田村さんに教えてもらいました。”(久野)

「だってまだここにいるような気がしてしまう。そんなはずはないのにそんな気がしてしまう。」
(劇中台詞より)

IMG_1408.jpg

(撮影:紅たえ子)


◆点の階『・・・』(作:久野那美) 2017年1月12日(木)~1月15日(日) @京都芸術センター講堂

2017/01/11
阪急線烏丸駅、京都市営烏丸線四条駅から京都芸術センターへの道順


             阪急線烏丸駅、京都市営烏丸線四条駅から
            京都芸術センターへの道順

劇場最寄り駅である阪急線の烏丸駅、京都市営烏丸線の四条駅から京都芸術センターまでの道順をご案内いたします。
阪急烏丸駅の西改札口と地下鉄四条駅の北改札口は、近くにあるため、同じルートで京都芸術センターに向かっていただけます。

辟。鬘契convert_20170109105205

所要時間:徒歩7分

1.【地下鉄でお越しの場合】地下鉄四条駅に着いたら、北改札口へ
改札を出て直進し、小さな階段を上ると阪急線烏丸駅の西改札口が見えます。

2.【阪急京都線でお越しの場合】阪急烏丸駅に着いたら、西改札口へ
image_convert_20170105004531.jpeg

写真①:烏丸駅西改札口

西改札口を出て右側の22番出口より、地上へ。

2
写真②:烏丸駅22番出口

22番出口の看板には京都芸術センターの文字があります。

3.地上に出たら、左手のマクドナルド、大垣書店の方へ直進

image_(1)_convert_20170105004444.jpeg
写真③:地上に出た景色

3
写真④:地上に出て左手の景色

すると、錦小路通で京都芸術センターへの看板が見えてきます。

4.錦小路通で左折
目印は四谷学院のビルです。四谷学院の手前の道路を左折します。
4
写真⑤:錦小路通、京都芸術センター看板

image_(2)_convert_20170105004501.jpeg
写真⑥:四谷学院ビル


ここで左に曲がり、十字路にでるまで直進。

5.直進してはじめの十字路で右折
5
写真⑤:この十字路で右折


右折してからすこし歩くと、右手に京都芸術センターが見えてきます。
明倫幼稚園の前の大きな門ある建物です。

6.京都芸術センターに到着
kyoutogeijutu_convert_20170105005929.jpg
趣のある建物で、カフェも併設されております。
どうぞ、ごゆっくりお楽しみください。
公演会場は、講堂で受付も講堂入り口にご用意しております。
みなさまのご来場をお待ちしております!

2017/01/11
京都市営烏丸線烏丸御池駅から京都芸術センターへの道順

    
    京都市営烏丸線烏丸御池駅から京都芸術センターへの道順


劇場最寄り駅の京都市営烏丸線烏丸御池駅から、京都芸術センターへの道順をご案内いたします。


辜丈クク鬧・€€竊知ap_convert_20170109103923



所要時間:徒歩約12分

1.烏丸御池駅に着いたら、北改札口から4-1番出口へ

北改札口を出て、左手に4-1番出口があります。
2-1.jpg
写真①:烏丸御池駅4-1番出口

2.地上に出て、室町通
2-2.jpg
写真②:烏丸御池駅4-1番出口地上

セブンイレブンに背を向けて直進。少し歩くと、室町通がみえてきます。

3.室町通で左折
室町通の京都市市税事務所手前で左折します。
2-4.jpg
写真③:室町通
2-3.jpg
写真④:室町通、京都市市税事務所

4.左手に京都芸術センターが見えてくるまで直進
以下の風景を通りすぎていきます。
2-5.jpg
2-6.jpg
2-7.jpg
写真⑤⑥⑦:京都芸術センターまでの景色

5.京都芸術センターに到着
左手に京都芸術センターが見えてきます。明倫幼稚園の前にあります。
2-8.jpg
写真⑧:左手に京都芸術センター
kyoutogeijutu_convert_20170105005929.jpg
写真⑨:京都芸術センター

京都芸術センター内は喫茶店も併設されています。
どうぞ、すてきな時間をお過ごしくださいませ。

公演会場は講堂です。受付も講堂の入り口にご用意しますので、そちらにお越しくださいませ!
ご来場をお待ちしております。

2017/01/11
出演者紹介《中村彩乃》

≪黒い靴の女…中村彩乃(劇団飛び道具)≫

fc2blog_201612200027429f8.jpg

【主な出演作品(2015-2016)】

≪2016≫
Recycle缶の階『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。今ここにないものの話ばかりしようと思った。』(客席編)
劇団飛び道具『アルトー橋島篇ー』
エイチエムピー・シアターカンパニー『静止する身体』
おちょちょ『あ、真下』
劇団どくんご幕間劇 おちょちょ『THE FOREST』

≪2015≫
ルサンチカ 『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~』
一人芝居企画公演『モノがたり』
エイチエムピー・シアターカンパニー 『桜姫ー歌ヒ鳴ク雉ノ行方』
エイチエムピー・シアターカンパニー『阿部定の犬』


平日公演に出演する中村彩乃が演じるのは、ある一冊の本を持った女性。
紙袋を持った小説家の男に、本を返しに来たのだという。

「ここですよね。本に書かれてる、煙の見える窓。」
「今日の式も本の中のと同じでしたね。棺に百合の花を入れてました。」

(劇中台詞より)

IMG_1422.jpg

“中村さんとの出会いは、昨年のRecycle缶の階のオーディションです。
すごく固い表情で、口をきゅっと結んで座っていました。
とても音感が良いので「音楽をやってました?」と聞いたら、「バンドを・・」と。”(久野)

IMG_1374.jpg

就職しながらも、劇団飛び道具に所属し、更には昨年劇団「安住の地」を旗揚げ、演劇への道を突き進んでいく印象の中村。
稽古場でも、隙あらば「演劇楽しい!」と繰り返し、精力的に稽古に臨んでいる。

“Recycle缶の階で半年ご一緒して、就職していったん演劇を離れたはずだったのに、なぜか点の階のオーディションにも参加していて・・・
悩んだのですが、「え!ん!げ!き!を!や!り!た!い!の!だ~!!」という猛烈な執念と、そのわりには感傷を排してドライに状況を判断できる聡明さに負けて、今回もご一緒することになりました。”

IMG_1428.jpg

“器用にいろんなことができるひとだと思うのですが、それで満足せず、常に「自分ができないこと」に目を向けて、それを何が何でも手に入れようとする欲深さがあります。いつも、「私は〇〇ができない…」と悩みながら生きてるようにみえます。なので、ものすごくストイックに稽古にとりくみます。

この先どんな風になっていくのか、想像付きそうでまったくつかない、とても楽しみな俳優さんです。

今回は訳アリのちょっと切ない女性の役で登場します。”(久野)

IMG_1371.jpg

(撮影:紅たえ子)


◆点の階『・・・』(作:久野那美) 2017年1月12日(木)~1月15日(日) @京都芸術センター講堂

2017/01/10
最後の稽古(久野那美)「風景はどこにあるのか」

最後の稽古でした。

いろんなことを発見した稽古でした。
俳優についてというより、台本の内容について。

一見正反対に見える二つのものが実はひとつのものの両面であること。

これは、そういう物語だったのだと改めて思います。

15年くらい前の日記だけど、今も私は窓枠のことを考えてるみたいです。
盤は窓枠なんだなと。
http://floor.cocolog-nifty.com/diary/2002/05/post-5d15.html#search_word=%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93

明日から劇場で仕込みです。

みんな忙しいと思うので、こっそり日記を書いてみました。

S__28581939.jpg


2017/01/09
出演者紹介《佐々木峻一》

≪何も持たない男…佐々木峻一(努力クラブ)≫

fc2blog_2016122011161639b.jpg

【主な出演作品(2015-2016)】

《2016》
ユバチ『Re:connect』
劇団飛び道具『アルト-橋島篇-』
Zombie-4months creation『Action and Presentation』
努力クラブ『ピエロどうもありがとうピエロ』
ブルーエゴナク『ラッパー』

《2015》
BRDG×努力クラブ×したため『ドメスティックサイエンス』
made in KAIKA『松原京極オプマジカリアルテクノ』
柳川『約三十の嘘』
劇団衛星『義経千本松原』


「点転」という盤上競技の若手棋士。それが佐々木の演じる役柄である。
点転に対する彼の自信と熱意は、佐々木自身の芝居への熱意とつながっている。

「世界に通用する棋士になりたいです。」
「僕は点転を10年やってきました。これからもこの世界で生きていきたいと思っています。」

(劇中台詞より)

IMG_1366.jpg

“佐々木君とは点の階オ-ディションではじめて会いました。
控えめに自己申告して保険をかけて、「あら意外とできるじゃない」と相手に言わせるような心持がわたしはいちばん嫌いなのですが、佐々木君は正反対でした。実績や現状からは「難しいんじゃない?」とふつうは思われるような成果を本人だけは出す気まんまんでいるところに好感を持ちました。”(久野)

「点にはあらかじめ名前をつけることができません。まだどこにも打たれていない点はただの点です。自分も、相手も同じです。何が起こるのか、始まる前は誰も何も知らない。」
(劇中台詞より)

IMG_1409.jpg

他人と歩調を合わせることのない、独立独歩のキャラクターを演じる印象が強い佐々木。
「コミュニケーションがとれる俳優になりたい」と、今までの不得意分野に挑戦するべく稽古に励んでいる。

“演劇をやっていて、「今できるはずがないことが本番ではできるかもしれない」ということがいちばん楽しいしわくわくします。そんないちばんの醍醐味なしに、「失敗するわけにはいかない」「効率よくよい結果を出そう」とする創作現場から、わくわくする作品が生まれることはないと思うのです。”

“自分が選ばれた人間であることを信じたいから準備や努力をしない、というひとは多いように思うのですが、彼は根拠もなく自信を持ってる割に猛烈に地道にコツコツ努力する俳優さんでした。そして頑丈だった。全員からダメ出しされても、彼のために稽古が滞っても、ものすごく楽しそうに稽古にきます。こういう俳優さんがめきめき変化していく現場はすごく楽しいです。おかげさまで活気あるスリリングな稽古場になっています。”(久野)

IMG_1382.jpg

「僕は点転を始めて、待つことを覚えました。今何が起こっているのかわからないときは、次に何かが起こるのを待つようになりました。
肝心なことはいちばん後にやってくる。
それを決して見逃さないように待とうと考えるようになりました。」

(劇中台詞より)

“ただ、「どう見ても今は無理だろう」ということは、結果的に「やっぱり無理だった」となる可能性がもちろんあります。彼は今もまだ、稽古場で闘っています。成果を出したいです。”(久野)

IMG_1370.jpg

(撮影:紅たえこ)


◆1月14日(土)11:30公演後、関西棋院の囲碁棋士と点の階作家・出演者によるアフタートーク・アフター囲碁講座を行います!詳しくはこちらから。
点の階『・・・』(作:久野那美) 2017年1月12日(木)~1月15日(日) @京都芸術センター講堂

2017/01/08
ずっとどこかで。(藤谷以優)


いちがつようか。稽古できるのはあと2日。富田での稽古だった。
(でもこれを書いてるのは実は1/11。ごめんなさい。)

ちょっとだけツイッターでも触れたけど、可愛いをやめる稽古だった。
可愛いをやめる、つまり自意識を捨てるってなんなんだろうって考えてたんだけど、役の子の目的を果たすために今起こってることにだけ一生懸命になることなのかなって。言葉で説明しづらいけどわかった気がする。

8回公演なので現実化出来るのは8回だけなんだけど、きっとどこかでもずっと起き続けていることなので。

楽しんでもらえると良いなぁ。

以上、漠然とした稽古日記でした。

点転する先輩たち。

2017/01/07
稽古場日誌 1/7(三田村)

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

本番まで稽古は残すところあと3回(!!)。
照明の葛西さん根来さん、そして映像撮影の竹崎さん来訪。あと久々たーにゃ氏。
今日は中京の稽古場、僕は久々でした。
様々な稽古場をジプシーしてきた点の階組ですが、ここは個人的ベスト3に入りますね広さと雰囲気が。
そのせいかはわかりませんが今日は、今までの積み重ねを踏まえつつ、それなりに新鮮にそして状況に集中出来た気がします。まだ荒い部分は多々あるのですが。
他のお三方もそうだったような気がする。

これをどうやってなぞらないように維持するか。
いや、そんなことを考えている時点で×な可能性もあるけど。あと、当たり前だけど楽しむって重要。

稽古はあと二回。



2017/01/07
やりゃーいいんだよ(中村彩乃:俳優)

皆様
明けましておめでとうございます。
年末年始は体調を崩して何も良い思い出がないので、今からでも出来る正月の満喫の仕方を探している中村です。

さて、稽古でした。
だいぶ皆の調子というか方向性が安定的してきましたが、まだギリギリまで色々に挑戦してますよ。

そしてなんというか、やっと私はやっと久野さんの「おー(久野さん流のオッケーのサイン)」が聞けたように思います。

というのも、私の登場人物の人の行動が生理的に受け付けられず困っていました。
具体的に言うと、明らかに自分に対してドン引いてる人間に対して、絶えず自分のペースで話しかけるということが理解できず、相手のペースに併せて一緒に落ちていくという状態に陥ってました。

しかし、先日の稽古で上記のことをはっきりと自覚した上で、「まず、やる」練習をしました。
生理的に気持ち悪くて言えなくても大きな声で言う。
古田新太大先輩的に言うと、「お前の気持ち待ちいらねーんだよ。やりゃーいいんだよ」ということです。

大きな声を無理矢理にでも出すと、それにともなって相手が反応を返してくれる。
気持ち悪くても間をつめると、それにともなって相手が反応を返してくれる。


この信頼というか、ある意味の「きゃぁぁ!気持ち悪いけど、こうやねやろ!」という諦観というか。自分を捨てるというか。
そこから何か起きる、ということに委ねるというか。


今までも同じことを言ってたのは言ってたのですが、なかなか出来ず、それがやっと尻尾を掴めた感じです。
私が今までしてたのは、はき違えた優しさというか、下手な気づかいというかでした。

しかし、この諦観を得れたのは、「諦めるもの」を見つけないといけなかったので、今までの稽古のお陰だと思います。

さて、これがどう出るか。

本番まであと一週間切ってますよ。
全員頑張ってます。


2017/01/05
毎日新聞さん、神戸新聞さん、讀賣新聞さん、Lmaga.jpさんCity LIFEさんに情報掲載していただきました。

毎日新聞さんに情報掲載していただきました。
29180.jpg


神戸新聞さんに情報掲載していただきました。
C0HUfdcVQAUfskN.jpg

Lmaga.jpさんに情報掲載していただきました。
https://t.co/tZx5nDJCHo

City LIFEさんに情報掲載していただきました。
http://citylife-new.com/play/event/46841.html
2017/01/05(木)
お知らせ コメント:(0)

2017/01/05
【劇場へのアクセス1】JR京都駅→劇場の最寄駅(地下鉄四条駅・阪急烏丸駅)までの交通案内


JR京都駅→劇場の最寄駅(地下鉄四条駅・阪急烏丸駅)までの交通案内
京都駅から、京都芸術センター最寄りの四条駅までの道順をご案内いたします。

1.京都駅から地下鉄烏丸線に乗る

京都駅から四条駅までは京都市営地下鉄烏丸線を使います。
新幹線でお越しのお客様、京都駅を経由して乗り換えられるお客様、ご参考になれば幸いです。

京都駅には、近鉄、JR、京都市営地下鉄烏丸線がありますので、近鉄、JRで京都駅へ来られた場合は、まずはそこから徒歩10分程度の地下鉄烏丸線へお乗り換えください。

※地下鉄烏丸線への乗り換えの際は、地下ショッピング街(ポルタ、CUBEなど)を通って移動できます。
(京都駅を挟んで京都タワーに近い場合はポルタから地下へ、アバンティ、イオンモールKYOTOや新都ホテルなど八条口の近い場合は八条東口付近から地下におりられます。)

static.png



2,地下鉄烏丸線で京都駅→四条駅(劇場の最寄り駅)へ移動する

kyoto_sub.gif
図①:京都路線図 緑:烏丸線 赤:東西線 しま線:JR 黒線:私鉄

※京都市営地下鉄烏丸線は電車の本数が多く、ほぼ10分以内に1度電車がやってきます。

国際会館行きにご乗車ください。京都駅→五条駅→四条駅で到着いたします。

(所要時間:5分 運賃:大人210円)

3.四条駅から京都芸術センターへ歩く

こちらをご参照くださいませ。


2017/01/03
あけてしまった。 (藤谷以優)


明けましておめでとうございます。
年明け一発目も1166スタジオさんをお借りしての稽古でした。
斜さんと合田さんもお迎えしての点の階としては珍しい(とわたしは思っている)多人数での幸先いいスタートでした。
鏡がちゃんとあるかっこいいスタジオなのですが、佐々木先輩は鏡がどうにも苦手らしく自意識と戦っておられました。私は斜さんにも言い当てられましたが鏡が大好きなので嬉しかったのですが。

さておき

今年度の全体目標は【自分の話す言葉の内容と自分の在り方が印象的で魅力的に見えること】

なのでこれを叶えるには、常に相手の注意を引き付けるためにその時々で必要な大きさの出力を考え機を逃さずに滑り込むこと。を、お互いが試行錯誤することが必要なのかな、と。久野さんからの年末の言葉を思いながらする稽古でした。

個人的には演出助手の斜さんに教えてもらった個人課題をどうにか弔おうとする稽古でした。
具体的には
すぐウサギの顔をする。違う感情の筈なのに顔のパターンが何故同じになる?
つまりすぐ顔の演技に頼ろうとするくせにレパートリーがとても少ない?点の階用語としてはサボっているということなのかなぁ。

本番まで気づけばあと10日を切ってしまったので、どうにかこうにかラストスパート。足掻くので、何卒よろしくお願いします。

2017010517125650d.jpeg

2017/01/03
稽古納めと稽古初め(佐々木峻一)

12/29の稽古の日誌を書きます。点の階はこの日が稽古納めでした。

この日は年末でいつも使わせてもらっている稽古場がどこも閉まっていたため、いいむろなおきさんのアトリエを貸していただいて稽古しました。これぞ稽古場という構えのいい場所でした。ありがとうございました。
まわりみち'39の公演を終えられた斜さんが久しぶりに来られ、年内最後の稽古を思い切りやって正月休みに入ろう、と意気込んでいたのですが、なぜかぼくもみんなも演技が調子悪い。今まで稽古してきて調子悪いときは何度もあったけど、今までにも増しておもしろくない。モヤモヤとしたままどうすることもできず最初から最後まで通してやってしまいました。

見てくれた斜さんが「このままじゃヤバいと思います」と言ってくれて目が覚める。このことで、今まで積み上げてきたことと、これから取り組むべき課題がクリアになりました。帰りに三田村さんと2人で立ち飲み屋で忘年会して、ぼくはセッションに意識が行きすぎて役を演じるということを忘れていたように思いました。昨日久野さんと5時間くらい喋ってこれからの課題も明確になりました。今日から本格的に稽古再開。みんなでいっしょにギリギリの綱の上を歩いている。

20170103150451f5c.jpg

2017/01/02
出演者紹介《藤谷以優》

≪窓の外を見る女…藤谷以優≫

fc2blog_20161220111939170.jpg

【主な出演作品(2015-2016)】

《2016》
かのうとおっさんさん『ものわかりのいい病院』
そとばこまちプロデュース1ヶ月限定劇団『ちがたりない』

《2015》
レトルト内閣『文明ノ獣』


彼女は、ひとり静かに本を読んでいる。
物語は、彼女の周囲で進んでいく。彼女はただじっとそれを見つめている。

IMG_1411.jpg

2016年6月、点の階オーディションは、稽古形式で行われた。
すなわち、『・・・』初稿台本が参加者に手渡され、久野那美が実際に演出をつけるという形である。

藤谷以優とはオーディション時点で完全なる初対面、出演舞台も観たことがない状態での出会いだった。

“藤谷さんの最初のテイクを見た時は、正直難しいかなと感じました。(技術的にも目指してる方向性的にも)
だけど、何度もやるたびにどんどん柔軟に変化していく様子がとても興味深かったので、参加してもらうことにしました。
変化することこそが創作活動だと思うのです。自分のありのままを自他ともに対して認めてもらうことではなく。”(久野)

IMG_1405.jpg

実績ではなく、まっさらな白紙の状態であることに期待をかけられて参加した藤谷。
稽古場でも、自分の台詞は少ない中で、他人の台詞を聞くときのまっさらな表情が印象に残る。

“舞台に立つのは4回目という若い俳優さんと一緒に劇を創るのは学生時代以来ですが、オーディションに立ち会った点の階メンバーが誰も反対しなかったので、出演してもらうことにしました。台本の初稿になかった藤谷さんとの役を新たに作りました。

とにかく楽しそうに稽古にきて、ほとんど自分の台詞がない稽古に始終楽しそうに参加して、他人のダメ出しを聞いて勝手に学んで勝手にバージョンアップしていきます。きのうできなかったことが今日できたかと思ったら、昨日までできたことが今日はできなかったりします。”(久野)

IMG_1410.jpg

“俳優も作家も、経験を積んでいくとつい「自分の持ってる力を最大限生かして闘う」ということを創作だと思いがちになるのですが、創作の場に「変化すること」なしに生き残れないメンバーが混じっていることは、その生ぬるい創作感覚をぶち壊してくれます。新人であろうが、作品に必要なものを公演の時には調達してもらわなければならないので、彼女の変化を信じつつ疑いつつ、スリリングに稽古しています。
一緒に最後まで変化し続ける現場でありたいと思っています。”(久野)

IMG_1400.jpg

「とりかえしのつかないこと。弔うこと。意味がわからなくてもいいから棺に百合の花を入れること。」(劇中台詞より)

IMG_1649.jpg

(撮影:紅たえ子)

◆Under25チケットは、3枚セットで1900円/1枚。ぜひお誘いあわせてお申し込みください。詳細はこちらから。
点の階『・・・』(作:久野那美) 2017年1月12日(木)~1月15日(日) @京都芸術センター講堂

2016/12/29
四苦八苦の軌跡 (中村彩乃:俳優)

今晩は。中村です。皆様元気ですか?
私も元気に仕事してます。
仕事なんてくそくらえ!
汚い言葉を使ってしまい、失礼致しました。
お仕事なんて、おくそお召し上がりになられてください。
余計下品になりました。すみません。

さて、稽古でした。
先日は年内でも大分ラスト間際の稽古でした。
今回は、俳優の出力は何に左右されるかを考えました。

今回はブログの文章を書くにあたって、何かまとめようと考えたのですが、丸二日考えても何も纏まりませんでしたので、取り敢えず私が何に四苦八苦したのかの軌跡を残す、という斬新な手法のブログになります。ご了承ください。

以下、四苦八苦した内容です。

・舞台上で俳優が寄りかかれる部分は、何か。
・俳優の人間性と芝居は関係あるが、どこまでをそれと良しとするか。
・どこまで自分は「こう芝居をする」といった意識を持ち続けるのか。どこで妥協(相手に譲る…?)するのか。
・芝居をする(ある種、嘘をつくとはどういうことか)

以上のラインナップです。
考えた方が良いとは思いつつ、煮詰まり過ぎると面白くないと思います。

どこまでを頭で考えて、何処までを感覚に委ねるか。
まとまらねー!
もう少し時間ください…!


中村

2016/12/29
点の階公演についてのQ&A

点の階Q&A

点の階『・・・』について、よくある質問をおまとめいたしました。
みなさまのご観劇の参考になりますと幸いです。

・公演について

Q1.三田村啓示さん、中村彩乃さんのそれぞれの出演回に違いはありますか?
A1.台詞はほぼ同じではございますが、異なる役を35歳男性である三田村さんと21歳女性である中村さんが演じます。回によって受ける印象は異なり、それぞれお楽しみいただけます。また二回ご観劇いただくことによって、点と点が結びつき、線となる…という楽しみ方もできるかもしれません。

Q2.作品は囲碁を知らなくても楽しめますか?
A2.もちろんです。『・・・』では、囲碁と似た盤上競技「点転」を扱っています。囲碁をご存じの方にも、囲碁との違いを楽しんでいただけたら幸いです。

※囲碁というゲームは、将棋のように石に名前が付いておらず、すべての石が同じ可能性を持っています。
ふたりが黒石と白石を交互に盤の上に置いていき、ルールに従って、互いの陣地をつくっていきます。
最終的に多くの陣地をとった側が勝ちます。
ゲームは盤の上に石を置く場所がなくなった時か、「この先の勝負は見えた」としてどちらかが負けを宣言した時に終了します。

(^^)/囲碁のルールをわかりやすく説明している関西棋院さんのサイトをご紹介します。
http://kansaikiin.jp/hajimetenoigo.html

Q3.あらすじはどのようなものですか?
A3..HPに詳しく記載しております。どうぞ、ご確認くださいませ。


Q4.上演時間はどのくらいですか?
A4.上演時間は80分以内を予定しております。

Q5.受付開始時間、開場時間はそれぞれ何時ですか?
A5.受付は開演の60分前、開場は開演の20分前です。

・京都芸術センターについて

Q6.喫煙スペースはありますか?
A6.はい、ございます。

Q7.京都芸術センターに駐車場はありますか?
A7.申し訳ございません。京都芸術センターには、一般のお客様にご利用いただける駐車場のご用意がございません。
近隣の駐車場をご利用くださいますようお願い申し上げます。

Q8.京都芸術センターへの道順を教えてください。
A8.京都駅、四条駅、烏丸駅、烏丸御池駅からの道案内を作成しております。どうぞ、ご参考になさってくださいませ。
京都芸術センター道案内→

※ただいま詳しい道案内を作成中です。しばらくお待ちください。

・アフタートーク、アフター囲碁講座について

Q9.アフタートーク、アフター囲碁講座(1/14(土)11:30公演後13:00~13:40開催予定)はどのような内容でしょうか?
A9.出演者点の階メンバー、関西棋院所属の棋士(藤原克也六段・ 田村千明三段)が公演内容についてトークをいたします。また、囲碁講座は初心者向けに大きな囲碁版を使ってルールや囲碁の楽しみ方を解説いたします。またその後、舞台を使って13:40~15:00に囲碁サロンを行います。初心者様も囲碁熟練者様もご自由にお楽しみいただけるコーナーになっております。途中入退出できますので、お気軽にご参加くださいませ。

Q10.ほかの日時のチケットを持っていても、アフタートーク、アフター囲碁講座に参加することはできますか?
A10.参加していただけます。ぜひ、作品の裏話を聞きに来てください。

・チケットについて

Q11.チケットはどこから申し込めますか?
A11..HPをご参照くださいませ。階マート、こりっちチケットなど、さまざまな方法でお求めいただけます。

Q12.ボトルチケットとは何ですか?
A12.わかりやすくご説明をしたまとめをご用意しております。どうぞ、ご参考になさってくださいませ。
ボトルチケットは?

Q13.当日券はありますか?
A13.毎公演ご用意しておりますが、ご来場者が多いとすべての方にご入場いただけない可能性もございますので、
事前にメールまたはお電話でのご予約をお勧めいたします。ご来場前にご一報くださいませ。
ボトルチケットも当日受付にて販売しております。

Q14.回数券とはなんですか?
A14.2枚つづり、3枚つづりの前売りチケットです。お一人でもすべてお使いいただけますし、誰かとシェアしてもお使いいただけるお得な観劇回数券でございます。1枚券でお求めになるよりも、2枚券、3枚券の方が1枚あたりお安くお求めいただけます。
※under25_3枚回数券以外の回数券は前売り券のみです。前売り券の販売は12/31までです。

Q15.キャッシュバック抽選とはなんですか?
A15.12/31までにチケットをご購入で、1/10までにご来場日時をお知らせくださったお客様の中から各公演1名様、チケット料金をキャッシュバックするお得なキャンペーンでございます。当選者の発表は、当日受付にて行います。どうぞ、ふるってご参加くださいませ。

Q16.under25チケットを使用する際に、証明書等は必要ですか?
A16.受付にてご確認いたしますので、ご年齢のわかるものをご提示ください。

Q17.under25チケットはシェアできますか?
Q17.こちらも回数券と同様に、お一人様でも複数のお客様でもお使いいただけます。3枚を別々の回の公演でお使いいただくこともできます。

Q18.演劇パスとは何ですか?
A18.クレジット決済の電子チケットサービスです。詳しくはこちら。


ほかにご質問のある方は、お気軽にコメントまたはメールでお知らせくださいませ。

制作担当:中村美月
2016/12/29(木)
特集 コメント:(0)

2016/12/26
関西棋院さんへ行きました+稽古場日誌 12/25(三田村)

メリークリスマス

この点の階「・・・」は、囲碁と合気道を足して割ったような架空の盤上競技に関する劇です。
なので、囲碁界とコラボしようという話が立ち上がり進行しています。はい。詳しくはホームページを。

というわけで今日は昼間から関西棋院さんのイベント「ごやねん」に久野さん佐々木くん紅さんと顔出して来ました。宣伝もさせて頂きましたよ。
まず場所。北浜のすげー綺麗なビルのワンフロアにある囲碁サロン。勝手なイメージがいきなり覆されました。すみません。で囲碁、初めてやりました。簡単なようで、やりだすと凄く奥深い競技でした。感性と論理が両方試されるものでした。解説付き公開対局も面白かったです。肥らせて殺す、景色、等々独特の用語がインパクト大。色々どこか演劇と通じるものがあるような。
終わったあと、何人かの方と懇親会へ。囲碁と小劇場演劇のコミュニティの感じもちょっと似てるのかも知れない。将棋・映像へのアンビバレンツな意識とか、認知度とかとか。
貴重な体験を色々ありがとうございました。

懇親会を中座しその後稽古へ。ここ最近、稽古が始まりだした気がしています 僕だけか。

色々へとへとになったので、帰って寝ました。


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑ 管理画面
▲ Page Top